ハイフ(HIFU)治療徹底解説| 顔だけでなく瘦身も!?美容クリニックとエステのHIFUの違いは?

この記事ではハイフ(HIFU)という施術の基本的な特徴や、医療機関で受けられるハイフとエステで受けられるハイフの違い、メリット・デメリット、施術を申し込む前に確認いただきたい注意点などをまとめています。

悩みタイプ:頬のたるみ、小じわ、ハリやつやがない、二重アゴ、丸顔

ハイフ(HIFU)とは

ハイフ(HIFU)とは超音波を虫眼鏡のように当てて、超音波を当てた部分を振動熱で加熱するという原理のたるみ治療(リフトアップ治療)の一種です。正式名称はHigh Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)で、HIFUはその頭文字を取った略称です。

たるみを引き上げるだけでなく、肌にあるコラーゲンを活性化させる働きもあり、気になる小ジワなども改善して、瑞々しい肌を保つ美肌効果も期待できる治療です。

後述しますが痩身治療の一種でもあります。

ハイフ(HIFU)でたるみ治療

ハイフ(HIFU)が顔のたるみを改善できる理由

まず、顔が弛む最も大きな原因は、皮膚と皮膚の土台「SMAS(表在性筋膜)」のゆるみにあります。SMASとは肌を支えている一番の土台の層で、SMASの上に皮下組織、真皮、表皮と重なっています。

よって一番土台にあるSMAS層に向けて焦点式超音波を照射し、引き締め・引上げることによってSMASのゆるみを改善し、結果それが顔をリフトアップするという効果に繋がります。

東京中央美容外科のハイフ(HIFU)

出典:TCB・東京中央美容外科

また、前述したようにハイフ(HIFU)には肌内部にあるコラーゲンの活性化機能があります。

1点に高いエネルギーを与えるのでこの熱の作用によってコラーゲンが縮んでき、この熱によって縮んだコラーゲンを修復しようとさらにコラーゲンが増殖していくため、たるみを改善してハリのあるお肌に導いてくれるのです。
あえて”ダメージを与えることによって、その修復機能を呼び起こす”ということです。
例えるならば、筋トレで筋肉に大きな負荷を与えることで、筋肉がそのストレスに適応して大きく発達するのと作用は同じです。

ハイフ(HIFU)は体の部分痩せにも効果がある?

顔のたるみ治療のイメージが強いハイフ(HIFU)ですが、結論から言うとハイフは身体の部分痩せにも効果が見込めます。

肌の深い部分の脂肪細胞にピンポイントに熱エネルギーを与え、その熱エネルギーで脂肪細胞を破壊し、脂肪細胞そのものを減少させる事により、サイズダウンを目指します。

超音波を照射した数が多ければ、その分、破壊できる脂肪の数も多くなり、皮下脂肪が減っていくという仕組みになります。

出典:福岡アールスキンクリニック

医療用のハイフ(HIFU)機器には体専用のカートリッジが用意されており、それを設定する事により顔の照射より高い出力設定での照射が可能になり、施術を受ける方の皮膚や脂肪層の厚みに合わせて適切なものを選択して使用します。

太ももや二の腕、背中や腹部(ウエスト)など部分痩せを実現したい部位を56℃以上の高温に熱することで照射する事により、脂肪細胞を破壊し、物理的に脂肪細胞を体外に排出することができます。

また、脂肪細胞自体が少なくなる事により、通常のダイエット後にありがちなリバウンドの可能性を減少させる事ができます。

医療用ハイフ(HIFU)とエステで行えるハイフの違い

ハイフ(HIFU)は大きく分けて、

  • 美容クリニック(美容皮膚科・美容外科)で施術に使用される医療用のハイフ
  • エステなどで主に使用される美容用のハイフ

の2種類に分けられます。
施術の内容や作用機序は全く同じですが、下記のような違いが挙げられます。

医療ハイフとエステハイフの違い

①出力の違い

  • 医療用ハイフは出力が強く、SMAS層にしっかりと熱を伝わります。
  • 美容用ハイフは出力が弱めになっているため、SMAS層にまでレーザーが届きにくくなっています。

出力が強ければ強いほど刺激も強いので施術中は痛みを感じやすいですが、医療ハイフだからこその出力の高さで強い効果が見込めます。

出力がマイルドであればあるほど、痛みは感じにくいですが、その分効果が出力の強いものに比べて見込みにくくなるのが事実です。
医療用レーザー脱毛とエステや脱毛サロンで行える脱毛の違いと同様です。

医療脱毛

②効果持続期間の違い

  • 医療用ハイフは出力が強い分、肌の土台にあるSMAS層までしっかりと届くので、高い効果が得られて持続期間も長い傾向にあります。
  • 美容系ハイフは効果を実感しにくく、実際の効果の持続期間も短い傾向にあります。

一般的に医療用ハイフは効果持続期間として半年から1年ほど効果が持続すると言われています。

一方、美容系ハイフは3ヶ月前後が一般的な効果持続期間と言われています。

③安全性の違い

  • 医療用ハイフは出力が強い分、安全性に関しては美容用のハイフの方が優れてるのではないかと言う声もよく聞きますが、実はこれは間違いです。
  • 確かにエステ用のハイフは出力が弱い分、術後の腫れや火照りなどは少ない傾向にありますが、全く無いわけではなく、乾燥や熱傷などが術後に起こるという報告もよく聞きます。

出力が弱い=リスクが少ないわけではありません。
寧ろ、医療用ハイフの方が術後に腫れや火照り、乾燥などを覚えても、適切な処置やアフターケアが取れるため、リスクを避けられます。
また施術を行う術者も医師や看護師など肌や皮膚構造を熟知した医療従事者が行うため、安全性という点でも医療用ハイフの方がトータル的に見れば優っています。

④価格の違い

  • 高い効果が見込めるのは医療用ハイフ(HIFU)ですが、その分医療機関で設定されている金額は高い傾向にあります。
  • エステなどで行える美容用ハイフは医療用に比べリーズナブルな金額設定になっている事が多いです。

照射範囲やショット数などで価格帯に幅がありますが、医療用ハイフはエステなどで提供されているハイフの2〜3倍の金額で提供されているケースが殆どです。
予算とも相談しながらハイフの種類を決めるというの良い方法でしょう。

ハイフ(HIFU)はガン治療としても使用されている医療機器です。エステではなく、クリニックで医師による医療ハイフ(HIFU)を受けることをおすすめします。

TCB東京中央美容外科の医療ハイフ

TCB東京中央美容外科のハイフ(HIFU)
TCB東京中央美容外科は全国に54店舗展開中の美容クリニックです。
ハイフ(HIFU)治療が初めてという方には症例数多数の安心クリニックがおすすめです。最寄のTCB東京中央美容外科でWEB予約が可能です。
無料カンセリング・WEB予約
KIREIPASS

ハイフ(HIFU)のメリット・デメリット

ハイフ(HIFU)治療におけるメリットとデメリットは下記のようなことが挙げられます。

ハイフ(HIFU)治療のメリットとデメリット

ハイフ(HIFU)のメリット

“切らないプチ整形”で身体に傷跡が残らない
30代会社員
身体に傷跡が残る心配がいらないので初心者にはハードルが低い施術だと思います。

外科施術によるたるみ治療・リフトアップや脂肪吸引による痩身治療は、目立ちにくい箇所とは言え、顔や身体に傷跡が残ります。

前述したようにハイフ(HIFU)であれば、肌や体の表面から奥の層の細胞までを焦点式で狙って照射ができるため、傷跡は一切残りません。メスを使うことに抵抗がある方も安心して試すことができます。

ダウンタイムが殆どない
40代/看護師
仕事柄、連休の確保が難しい。でも諦めたくない。その点でもハイフはおすすめです。その代わりUVケアは念入りにやっています。

ハイフ(HIFU)はダウンタイムはほとんどない事も大きなメリットです。
照射部位の周りの正常組織にはダメージを与えず、円状に点々と照射させることで、創傷治癒力も効率的に発生し、ダメージの回復が早いことが特徴です。皮下のSMAS層に作用することで皮膚の表面にダメージは殆ど無く、点状の熱収縮部分の周囲は正常組織で囲まれているため回復が早く、照射部位の腫れなどのダウンタイムも殆ど発生しません。

敏感肌の方には照射直後に赤みが出るケースがありますが、基本的に多少皮膚の温度が一時的に高まっているだけで、ある程度時間が経過すれば収まります。
照射直後にメイクして帰宅することも可能です。

効果が早く現れる
40代/営業
エステサロンではいまいち効果がわからなかったけど医療ハイフをやったあとはフェイスラインが全然違いました。高いだけはありますね。

ハイフ(HIFU)は施術を行ってから1から3ヶ月ほどかけて肌内部のコラーゲンが増成し、リフトアップや小顔、痩身効果が現れます。その効果は施術直後から効果が実感できる場合が多いです。
その後個人差はありますが半年から1年かけて持続すると言われていますが、実際は
特に顔のリフトアップに関しては直後にはフェイスラインが引き上がっている事を実感できやすい傾向にあります。
これは強い熱作用によって組織(脂肪や筋肉、靭帯など)が即時的に収縮する事により肌に張りが出たように感じるためです。

ハイフ(HIFU)のデメリット

施術中の痛みを伴うことがある
40代/管理職
痛みに敏感なので先生にはそのように無料カウンセリングのときから「痛みが不安」と伝えていました。笑気と表面麻酔で対策していただきました。
男性の方が痛みに弱いらしいです(笑)

ハイフ(HIFU)は超音波で熱エネルギーを生み出す仕組みとなっており、全く痛みがないわけではありません。痛みの感じ方には個人差がありますが、照射されるとチクチクとした痛みを感じる場合があります。
また前述したように医療用のハイフ(HIFU)機器は出力も強いので、その分効果は見込めますが、痛みを伴うケースが殆どです。
特に骨格に近い部分の照射の際にはドスンと響くような痛みが発生する事もあります。
痛みに不安がある方は術前の麻酔を処置してくれるクリニックを選択して、事前に希望を出されると良いでしょう。

ある程度の脂肪が必要になる
50代/主婦
首のたるみが気になって無料カウンセリングへ行きました。ハイフを希望していましたが「脂肪が少なくおすすめしない」とのこと。FGF注射に変更しました。

ハイフ(HIFU)は皮膚の奥の脂肪細胞に超音波にピンポイントで働きかけることができますが、皮下脂肪の厚みがない方の場合は他の細胞が傷つく恐れがあります。
目安として、皮下脂肪の厚みが2.5cm以上に達していなければ、治療が受けられない場合がありますので、ご注意ください。脂肪がそれより少ないと他の組織にも影響を与える可能性があるため、その場合は施術自体の適応がないと判断されるケースもあります。

トリビューでハイフの症例写真を探す
美容整形の口コミアプリでハイフの症例写真を探す

ハイフ(HIFU)はこんな方におすすめ

医療ハイフはこんな悩みがある方におすすめの美容治療

  • ダウンタイムのないリフトアップ治療を求めている方
  • 短時間での施術を希望される方
  • メスを使用する外科的施術に抵抗のある方
  • 効果に永続性は求めずに定期的にメンテナンスを受けられる方
  • たるみやリフトアップだけでなく美肌効果も求めたい方
  • 運動や食事制限などの従来のダイエットに限界を感じていて、部分痩せを実現したい方

ハイフ(HIFU)の効果やメリットを踏まえて、上記に当てはまる方は治療を受けてみることをおすすめします。

またすでにハイフの治療を受けて効果を実感済みの方も定期的に通院すると良いでしょう。

ハイフ(HIFU)の禁忌事項

下記のような疾患や症状をお持ちの方はハイフ治療を受ける事ができませんのでご注意ください。

ハイフ治療を受けられない方

  • アトピー性皮膚炎の方
  • ケロイドの方
  • 施術箇所に金属を入れている方(インプラントは可)
  • ペースメーカーを入れている方
  • 授乳中、妊娠中の方
  • 肝臓や腎臓を患っている方
  • 甲状腺治療を受けている方(首への照射が不可)

その他にも健康状態によってはハイフ治療を断られる可能性はあります。そのあたりの判断もエステサロンでは難しいため、美容クリニックの医師に相談することをおすすめします。

TCB東京中央美容外科の医療ハイフ

TCB東京中央美容外科のハイフ(HIFU)
TCB東京中央美容外科は全国に54店舗展開中の美容クリニックです。
ハイフ(HIFU)治療が初めてという方には症例数多数の安心クリニックがおすすめです。最寄のTCB東京中央美容外科でWEB予約が可能です。
無料カンセリング・WEB予約

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ハイフ(HIFU)はたるみ改善、小顔効果、美肌効果、痩身効果などが見込めるメスを使わない治療としてスタンダードなものになりました。

その反面、永続性はなく適した頻度を見極めて定期的に受ける必要のある治療です。
また、効果や安全性、長期的な視点で見てのランニングコストなどを踏まえてエステや家庭用、近年流行しているセルフハイフでなく、医療機関で医療用のハイフ機器での施術がお勧めです。

今回の記事が皆様においてハイフを受ける上で正しい選択ができる一助になれば幸いです。

全身脱毛フルセット
医療脱毛ならリゼクリニック
医師がカウンセリングを行う安心と信頼のリゼクリニックで医療脱毛をはじめてみませんか?
全国24院のリゼクリニックでは『学割』『ペア割』『のりかえ割』など充実のキャンペーンプランを用意しています。
無料カウンセリング予約